ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2009.01.09 Friday

完成前検査

牛田の現場で完成の検査を行いました。
手直しが必要なところを細かくチェックしていきます。
これらの手直しを終えてからお引渡しになります。

オーダーキッチン

造作洗面台

玄関とリビングの間には透過性のある建具で

2008.12.26 Friday

オーダー

年明けに完成予定の現場を見て来ました。


天気の良い日は大きな窓に青空が映り、とても美しい表情が出ます。


そして、今回はオーダーキッチン!!


取手は無く扉に手をかけて開ける仕様ですが、わずかに見える部分に木目ライン


ミーレのラジエントヒーターもステンレストップに埋め込んでもらい、すっきりフラットに


さらに、トップは傷の付きにくい仕上げなのに小口を磨きでピカピカに…



などなど…
奥様とステンレスメーカーの担当の方とかなりこだわりました。。
女性3人が集まると色々な話に流れながら…の楽しい打ち合わせでしたが、出来たキッチンを見ると本当に素敵です。

家族の中でキッチンに居る時間が特に長い奥様。
細部までこだわり、一緒にプランを作り上げていった経過が嬉しく思いました。


ただ、残念な事に写真だとなかなか伝えにくいですね…


来月に完成見学会を予定しておりますのでご期待ください。
2008.12.15 Monday

技術者

オーダーキッチン製作をお願いしている担当の方から、制作過程を見学できるから施主様と見に来てみてくださいとの事…

早速、施主様と都合を調整して見て来ました。

ちょうどご主人もお休みだったのでご一緒に。
実は、御主人だけが今回初見学。。
興味津々のご様子でした♪


まずは工場担当の方から制作過程の御説明…


ふむふむ…

一枚のステンレスの板を切って曲げて叩いて溶接して磨いて…

これぞ職人芸!
とにかくものすごくきれいなんです!!



手で叩いてRを出す



溶接中。ゆっくり、ブレることなく慎重な作業



赤く見えるところが溶接している所



これを磨くと、溶接した個所と曲げている個所の違いは全く分からなくなるんです!!



そして、これが天板…


それにしても大きい!!
L2700mm,D900mmこうして見ると超特大です。。


最後に「すべて職人が手を使って作っているから当然その分、コストもかかります。でも、丁寧に時間をかけて良いものを作っています。」

実感しました。
良いものを大切に作る。。

技術者としての誇りある仕事が見れた一日でした。

2008.12.01 Monday

内装工事

東区牛田の現場で内装クロス工事が始まりました。
外周りはほぼ終了し、工事も大詰めです。
これからこだわりのオーダーキッチンやドア類が設置されます。
2008.10.09 Thursday

秋晴れに

秋晴れの良い日に牛田の新しいおうちが上棟しました!!
大柴水門を通って現場へ向かうと高々と上がるレッカーがよく見えました。

とても眺望の良い場所はどんな空間になるんでしょう…










2008.08.29 Friday

地鎮祭 -牛田-

先日、牛田に建てるおうちの地鎮祭を行いました。
まだまだ暑さの残る中、御家族の皆様にも参加して頂きとてもにぎやかな場面となりました。

お子様も一緒に鍬入れの儀!!

今回の敷地は高台にあるため、ご主人も2階浴室からの眺望を期待して窓の位置を時間をかけて悩まれていました。

こんな風にこだわって頂ける施主様は本当にうれしいものです!!

現場が始まるまでに色々な準備があるため、ある程度は期限を決めて内容を煮詰めていかなくてはならず時々急かしてしまう事もあるのですが…
実際に形になってくると色々と思いが変わるのは当然のことです。こちらもできるだけ、時間をかけて悩んでいるのをリミットぎりぎりまで待って納得のいく結果を形にしたいのですが、それが難しい時には心痛く。。
家を建てる上で、本当に様々な方との関わり合いがあります。職人さんにしても、基礎・大工・電気・水道・左官・建具・家具・外構などなど。工期内に完成するように、工程を組んでも雨で予定が狂ったりすることもしばしば…
そんな中、変更や未決定事項が出るとどうしても混乱してしまうのです。。それゆえ、なるべく変更はなくスムーズに決定していく努力を建ててもらうる側(施主様)も建てさせてもらう側(設計・施工)もお互いが協力していかなければ一緒に作っていくことはできません。それでも、一生に一度の事!!どうにかして希望を受け入れたいとの思いで設計や現場も頑張って頂いてます。

家は施主様、設計、現場で同じ目線で作っていくものだと思っています。そして、ある意味、体力勝負!!

お互いがお互いの立場に立って…良いものを作っていきたい。
今回の施主様とは様々なことを一緒に考えて打ち合わせさせて頂き、毎回楽しかったです!これからいよいよ着工となるので、ワクワクしながら待ちたいと思います。
Powered by
30days Album